廃車レスキュー・お買取ブログ

スタッフの日々の仕事、皆様にお得な情報を書き綴ります。  廃車レスキュートップへ

 

「廃車あるある座談会」を行いました(その1:硬い車!)

自動車リサイクル業者の「あるある」を討論しました。

頑丈な車はどれ? 故障が多い車種は? などなど、車に関する様々なことを本音で語ります。

 

お題『強い車・弱い車』

廃車してお引取りしたお車を解体リサイクルしていて、気づくことを担当者が本音で語る座談会。

今回はその第1回「強い車・弱い車」について討論しました。

出席者は、阿部(あべちゃん:作業着)と中島(なかちゃん:背広)です。

質問「頑丈な車とか弱い車というのはありますか?」

あべ「実際に乗っていて事故で強いかどうかは保証できないですが、車を切っていて硬い車というのはあります」
なか「そうですよね。硬いんですよね。カッターでなかなか切れない」
あべ「お、なかちゃんが『なかなか』だって、クスクス」
なか「なんですか、それ。いつも苦労する車は、やはり外車ですよね」
あべ「うんうん、外車は硬いよ」
なか「だから、もうちょっと具体的に言うと」
あべ「え〜と、ボルボはどれも、硬〜いよね」
なか「そうですね。僕たち解体の現場では、硬いとか柔らかいって表現しますよね」
あべ「そうですね。ボルボはガーンってやっても、ドーンとしているもんね」
なか「だから、ガーンとかボーンじゃわからないですよ。でも、確かにボルボを切断するのに苦労しますね」

あべ「ドイツ車も硬いよね。ド〜〜〜イツ!って感じ」
なか「だから、それじゃ分からないっす」
あべ「ほら、何だっけ、あの速いやつ、ビューんって奴、すごく硬かったじゃん」
なか「ああ、ポルシェですね。確かに、ポルシェはすごく硬かったですね」

スポーツカーは硬い

あべ「そうなんだよね。国産車でもさ、スポーツカーは硬いよね」
なか「あれ、あべさん、急に真面目な顔になって。でも、本当にスポーツカーって硬いですね」
あべ「俺さ、いつもスポーツカーに乗ってるじゃん。硬いのが好きなんだよ」
なか「ええ? あべさん、スポーツカーに乗ってないじゃないですか。エリティマとか、ワンボックスとか」
あべ「失礼な。確かに家族向け自動車に、今は乗っているよ。でも、ほら、その前の前の前の前の前は、アウディーだったでしょ!」

外車も乗る人次第?

なか「確かに、アウディーに乗ってましたね。でも、すぐに壊れちゃったんじゃなかったでしたっけ?」
あべ「うん、1年くらいかな。ああ、ちなみに、ぼくたちリサイクル業車は、新車は買わない。廃車で乗れる車を個人で買い取って乗ります」
なか「そうですね。だから、故障しがちなのは事実です。でも、あべさん、すぐに車を壊しちゃいますよね。ほかのスタッフは数年は乗りますよね。なんであべさんだけ数ヶ月で壊れちゃうのかなぁ」
あべ「そうかなぁ? そんなに壊してるかなぁ?」
なか「ワンボックスカーなんて、本当にすぐに壊しちゃったですよね。今のが3台目?」
あべ「確かに、壊しちゃっているね。運が悪いのかなぁ?」
なか「いやぁ、僕らもプロだから、ちゃんと走れる車を見抜いて乗っているじゃないですか。あ、あべさん、いつも交差点ですごい勢いで飛び出して行きますよね」
あべ「そうだね。交差点で先頭になるとさ、アクセル全開でドーーンでギューンでキューーンが気持ちいんだよね」
なか「あ、それダメだ。車に負担かけすぎ
あべ「でも、床までアクセル踏みつけるの気持ちいいんだよね」
なか「そんな運転する人、あべさんだけです」
あべ「だってさぁ、気持ちいいじゃん!」

 

まとめ

今回は、自動車の強度について考えてみました。車体の硬さは、スポーツカーほど高いということが分かりました。また、一般的に言われているようにボルボは硬いそうです。そして、車が壊れるかどうかは、実は乗り方に影響されているようです。

そのお話は、次回! 乞うご期待!

 (なお、お車の買取のご相談はなかちゃんこと中島が担当いたします。阿部とお話ししたい方はその旨、お申し付けください。緊張しながら阿部が誠心誠意でご対応させていただきます。笑っちゃったら、ごめんんさい)


本音 座談会 あべちゃん暴走中
2018/01/29